ボトックス

ボトックスとは聞いたことがある人も多いと思いますが美容のために行われているしわを取るための施術のことを言います。ボトックス注入とかボトックス注射といった言葉でつかわれているのを聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。ボトックスを注入することでしわがとれるということもあってアンチエイジング、若返り、老化防止を兼ねて美容外科などで施術を受ける女性は多いといわれています。ではこのボトックス、もともとはどのようなものだったのでしょうか。ボトックスとは、もともとは治療で使うための麻痺させる薬として知られていました。神経麻痺剤と言って病院などで治療を行う場合に利用されます。そのボトックスが最初に美容に利用しようと考えられたのがアメリカでした。アメリカで眉間にできてしまったしわを取る、取り除く治療にボトックスが使えるということになり、アメリカの米国食品医薬品局から認可されて今に至っています。ボトックスの元となっている成分はボツリヌス菌です。聞いたことがある人も多いと思いますが、ボツリヌス菌を聞くのは食中毒の時だと思っている人も多いと思います。確かにボツリヌス菌は食中毒のブドウ球菌と同じくらい原因になっている成分です。

ボトックスのボツリヌス菌には、顔の表情筋を動かす顔面の神経をストップさせる、つまり麻痺させてしまう働きがあります。表情筋というのは、普段は顔の表情を作るのにとても大切な働きをしている筋肉なのですが、顔の筋肉の動かし過ぎはしわの元になるといわれていますから眉間を良く動かしている人はそれだけしわが出来やすいことになります。そこでボツリヌス菌を使って表情筋を麻痺させてしまえば、顔の筋肉が動かなくなるわけですからそのことによってしわが出来にくくなる、できてしまった皺を消すことができるというわけです。ボツリヌス菌と聞くと菌ですからとても怖いイメージを持っているという人もいるかもしれませんが、それほど怖いものでもなく、体に入っても安全な生理食塩水で薄められていますし、注射するときも、体に害がない程度の量の300分の一の量ですから安心です。一か所だけにボトックス注射をするという人もいますし、数か所に注射をしてしわをとっている人もいます。しわがなくなり手軽にアンチエイジング、若返り効果が期待できますから、欧米はもちろんのこと、日本でも人気がある美容法の一つとして知られています。